仕事を辞めたいけど理由がないのなら転職活動をはじめよう

仕事を辞めたいなら、その理由をいくらでも思いつくでしょうし、それなりの理由を言うことが出来るものです。
仕事を辞めた理由を聞かれたら、相手に納得するために、給料が安かったから、職場の環境が合わなかったから、ヘッドハンティングされからなどと尤もなことを言うでしょうが、実際は特に理由がないけど仕事辞めた人が多いのです。

理由がないけど仕事を辞めたいのは心が助けを求めているから

「なんとなく」という言葉を仕事を辞めるときに使うべきではありませんが、「なんとなく仕事を辞めたい」とおもうのであれば、今の仕事を続けていくのがつらいということを心が助けを求めている可能性が高いです。
なんとなく仕事を辞めたいと思った時点で、周りや自分自身が心の許容範囲を超えるほど追いつめているということですし、最悪の場合には、うつ病になってしまいます。

なんとなく仕事を辞めたくなったら理由はいらない

なんとなく仕事を辞めたくなったら、行動や環境を変えるだけでも現状を変えることできます。
休暇を取れるのでしたら取ってもいいですし、心身がダウンしそうなら休職の選択もあります。
今すぐ仕事を辞めるのは賢明ではありませんが、仕事を辞めるわけにはいかないと思い込んでしまえば最終的には限界が来てしまい、働くこともできなくなってしまうでしょう。
なんとなく仕事を辞めたいのでしたら、仕事を辞めたい理由をさがす必要はありません。
環境を変えるために転職活動をすることをおすすめします。
転職活動をするからと言って会社を辞める必要はありませんし、上司や同僚に転職を考えることを告げなくてもいいです。
今の仕事ではなく、他の仕事の方が自分に合っているかもしれませんし、選択肢があれば現在の職場にしがみつくことはありません。
仕事を辞めてしまったら生活できなくなるし、家族を路頭に迷わせてしまうと考えてしまえば、ますます、うつ病に近づいてしまいます。
頭が固くなると正当な判断も出来ませんから、行動することで頭を柔らかくすることが出来ますし、柔軟になりますから現状を変えることだって出来るでしょう。

転職エージェントのアドバイスも役に立つ

転職活動をするなら転職エージェントを活用してください。
転職エージェントではアドバイザーをひとりひとりに適切なアドバイスをしてくれますし、カウンセラー的な役割もしてくれます。
相談している間に、なぜ仕事を辞めたいのか引き出してくれますし、転職することが最善の選択なのかなど自己分析をサポートしてくれます。
仕事に対する不満だけでなく、自分のスキルや仕事の特性も引き出してくれますので、あなたにふさわしい仕事を明確にすることができます。

不安は行動することで忘れることが出来る

今の職場が残業続きで、仕事が終わったら食事をして寝るだけの社畜人生をおくることは人生にとってしあわせなことなのでしょうか?もし、残業がほとんどなくなり、休日も増えたら、より豊かな人生がおくれますし、年収が上がりましたら言うことがありません。
特に理由もなく、なんとなく仕事が仕事が辞めたいでもいいです。
今の仕事に不満を感じたのでしたら転職活動を始めるべきでしょう。
転職するには勇気と決断が必要ですし、転職後のイメージを持つことはいきなりは難しいかもしれません。
それでも、転職活動をはじめたら考え方も変わりますし、転職活動をして結局は現在の職場で働き続けることを決めたのなら、自分の意志で決めたことですから、これから迷うことなく仕事を続けること出来ます。
頭で考えているだけでは不安が募るだけですが、その不安も行動を起こすことで忘れてしまうものです。
見切り発車でもいいので、まずは行動を起こしましょう。
それが人生を変えるきっかけになるのですから。