うつ病になって仕事を辞めたいときにやるべきこと

仕事を辞めたいとおもうようになり心身に状態もおかしくなっていると自覚している人が心療内科でうつ病を診断されるケースが増えています。
うつ病にならないようにしっかり予防をしておきたいのですが、うつ病は病気ですので、どんなに予防したとしてもうつ病になってしまう可能性が誰もがあるのです。
うつ病になってしまったからこそ、仕事を辞めたいという気持ちがさらに高まると思いますが、すぐに会社を辞めることではなく、仕事をセーブする、休職するという手段もありますので、早急に辞めてしまう決断をすることは賢明ではありません。

仕事を辞めたくなったら社内の相談システムを利用する

仕事を辞めたくなったら上司に相談する、社内の相談システムなどを利用しましょう。
うつ病と診断されたときも上司に報告するようにしましょう。
うつ病にであることを上司に知られてしまったら、評価下がるし、会社を辞めざる得なくなると不安に思うかもしれませんが大丈夫です。
会社は法的にも簡単に解雇することが出来ませんし、病気による休職するための国の制度もありますので、うつ病を治すことをまずは優先しましょう。

社外の相談窓口を活用する

社内で相談することができないのでしたら、社外の相談システムを活用しましょう。
会社によっては、心療内科と提携しているところもあります。医者は守秘義務がありますので、会社にうつ病の症状が知られてしまうことはありません。
厚生労働省が実施している働く人の「こころの耳メール相談」ではメールでの相談を受け付けていますので、ひとりで解決しようと無理をすることはありません。

休職手続きをする

医師の診断で休職した方が良いと判断されたのでしたら上司に診断書とともに伝えて休職の手続きをしましょう。
うつ病で休職するのでしたら傷病手当金を申請しましょう。
傷病手当金の額は1日につき標準報酬日額の2/3が支給されます。
健康保険組合によっては傷病手当金の上乗せの給付が行われるケースがありますので、人事課や労務課などで説明を受けておくと良いでしょう。
ただし、傷病手当金は申請すれば支給されるというわけではありません。
傷病手当金の支給のためには、社会保険の健康保険加入者で傷病により4日以上仕事に就くことができず、休職中に給与の支払いがないことが要件となります。
傷病手当金を申請する際には医師の証明書が必要です。
また、うつ病で休職するからと言って医師の診断が休業するほどの症状ではないという場合は傷病手当金の受給と対象とはなりません。
傷病手当金に必要な申請書類は全国健康保険協会か会社が加入している健康保険組合に申請します。
指定された通り書類を記入して受理されれば傷病手当金の受給となります。
傷病手当金の受給期間は最長1年6ヶ月です。
1年6ヶ月は療養にに当てることができますので回復に努めて下さい。

今すぐ会社を休みましょう

うつ病のためにまともに働くことや考えることもできない状態になってしまったのでしたら、まずは会社を休みましょう。
会社を休むために病欠、有給休暇などどんな方法でもいいので、無理して働くことはうつ病の症状をさらに悪化させてしまいます。
有給がすべて消化していたとしても、ご自身の回復に努めることを第一に考えてください。
会社によって休職制度が異なりますので、復職する場合の対処方法も異なります。
休職する際は復職についてもどのように対処しているのか確認を取っておきましょう。

復職について

うつ病が回復しましたら会社に復職すべきか考えてください。
もし職場の環境やブラック企業であることが原因で、うつ病になってしまったのでしたら再発してしまう可能性が高いです。
今後の人生のために、復職することが最善なことなのか考えてから決めてください。

最後に

健康保険に加入していれば傷病手当金を申請することができます。
うつ病になって仕事を辞めたいからといってすぐに今の会社を辞めてしまうことは最善の方法ではありません。
休職してうつ病を回復に努めることを第一に考えてください。