会社を今すぐ辞めるタイミングで気をつけること

会社を今すぐ辞めたいときでも辞めるタイミングは重要となります。
退職のタイミングは大きく2つに分けられます。
転職先がすでにみつかっており、さらに入社日が決まっていれば、その入社日に合わせなければなりません。
反対に、転職先が決まっていないケースでは、賞与と有休を最大限もらうタイミングで辞めることに注力しましょう。

転職先と入社日が決まっている場合の会社を辞めるタイミング

転職先の入所日から逆算して退職の2ヶ月前、遅くとも1か月前には退職することを会社に告げましょう。
入社日の前日までに退職しなければいけませんので、余裕を持った期間を設定しておく必要があります。
法律上では退職日から14日前に退職の意思表示をすれば退職を認められます。
しかし、上司に退職を相談してから仕事の引き継ぎや有給を消化するためには14日前では遅すぎます。
もし転職先からいつから働けるかと聞かれましたら、1ヶ月から3ヶ月後の時期を回答しましょう。
転職先で働くまでの空白期間を作りたくないのであれば入社日の前日での退職日を設定し、スムーズに退職願が受理されるよう進めてください。

転職先が決まっていない場合の会社を辞めるタイミング

転職先が決まっていない、転職活動を会社を辞めてから始めるという方は退職する時期は好きなタイミングでいいのですが、賞与が近かったり、有給があるようでしたら、有休を消化してから退職することをお勧めします。
また、賞与についてですが各社に規定がありますので、退職を告げるのは退職日が確定してからにしましょう。
賞与額が確定する前に退職することを告げますと査定が避けられてしまう可能性が高いですし、それによって賞与額も下がってしまいます。

有給を消化して退職するには

有給に関しても各社規定がありますので就業規則を確認しておきましょう。
有給が何日あるのか確認しておくことも必要です。
就業規則には有給を取得したら何時までまでに申告しなければならないかなどの細かいことも確認しておきましょう。
有給があったとしても就業規則を縦に会社に断られてしまう可能性もあります。
有給を消化して退職するためには有給消化できる確実な退職日を決めましょう。

有給消化の注意点

上司に退職に必要したらに有給消化の希望を伝える時の注意を説明します。
有給を取りにくい会社があると思います。
このような会社では有給を消化するのか会社は聞いてないことが多いですので、退職日が確定するまでは有給のことを伝えないでおきましょう。

有給消化は退職日から逆算する

仕事の引き継ぎに時間がかかるものです。
そのため退職日もスムーズに決まらないかもしれませんので、上司は「○月○日に辞めるので、~日分の有休をもらいます」と伝えられても承服できないものです。
スムーズに有給を消化できるようにするためには、スケジュールを決めて退職日を明確にし、退職日から逆算して希望の有給が取得できるよう努力してください。
そのためには退職する職場に対して引き継ぎを行うという姿勢を見せることが大切です。
後任の担当者が引き継ぎしやすい様に準備すること。
希望のスケジュールと会社のスケジュールをすり合わせること。
以上のことが重要となります。

有給は労働者の権利

会社によっては有給が取りづらい環境のところも多いです。
長年お世話になった会社を退職するのでしたら、なおさら有給を消化することが申し訳ないと思うかもしれません。
それでも有給は労働者の当然の権利ですし、過去に一生懸命働いたことに対する対価である有給を消化させることは会社の義務なのです。

まとめ

会社を辞めるタイミングについて説明しました。
退職前の有給所得は会社の義務でありますので、労働者が権利を行使することで会社に対して負い目を持つことはありません。
有給が会社を辞めるあなたにとって価値のあるものですから、その価値を活用してください。