結婚退職のタイミングと円満退職するために

結婚退職をするのでしたら、今までお世話になった会社に迷惑をできるだけ掛けないように退職することで幸せな結婚生活をスタートできるものです。
結婚退職するタイミングがわからないので言い出せないという方も多いようですので、円満に結婚退職するために、これだけは知っておくべきことを紹介します。

退職の意思を伝えるタイミング

仕事の引き継ぎなどがありますのでできれば退職希望する3ヶ月前に退職の意思をを伝えておきたいところです。
3ヶ月は長いのではないかと思うかもしれませんが、1か月前ですと遅すぎますので、結婚退職することを決めたのでしたら余裕を持って3ヶ月ぐらいは見ておきましょう。
1ヶ月前に結婚退職することを報告しますと上司は祝福の気持ちよりも驚きの方が勝ってしまいますから、円満退職のためにも3ヶ月前には結婚退職の意思を伝えるようにしましょう。

結婚退職する時期

退職する時期ですが、決算前の忙しい時期に退職することは円満退職したいのでしたら、できれば避けたいところです。
同じ職場で働いてきた同僚のことを考えれば、忙しい時期に辞めてしまえば同僚に負担がかかってしまうことは明らかです。
結婚式の日取りが決まっていて、どうしても退職しなければいけない時期というものはあるかもしれませんが、今まで働いてきた職場のためにも調整できるところは調整して、最後に会社に貢献するのも社会人としての責任となります。

最初に結婚退職を相談するのは直属の上司

結婚退職の大まかな流れはまず直属の上司に結婚の報告をし、退職を申し出て、事務的な手続きに移ります。
退職願は上司と相談して退職日が決まりましたら提出します。
会社によっては退職届の形式が決まっているところもありますので、上司や人事課などに確認してください。

結婚式の日取りや詳細を上司に報告

結婚退職の相談を上司にする時に結婚式の日取りが決まっていのでしたら合わせて上司に報告しておきましょう。
会社関係の人を結婚式に招待したいのであれば、そのことについても上司に相談してみると良いでしょう。
上司に仲人を頼むのであれば、後日結婚相手とともにお願いに伺いましょう。
会社関係の人は招待せず家族親類だけで結婚式を挙げる場合はその旨も伝えておく必要があります。

仕事の引き継ぎできなければ円満退職できない

上司に結婚退職の報告が済みましたら次は職場の同僚に報告します。
報告することは、結婚が決まったこと、退職の時期、仕事の引き継ぎについてです。
特に仕事の引き継ぎは上司と後任の担当者と相談してスムーズに引き継ぎができるよう準備しておくことが重要です。
引き継ぎでは後任の担当者に仕事がきちんと引き継がれるよう努めなければなりません。
後任者が決まらないのであれば引き継ぐことをノートにまとめるなど、後任の担当者が仕事が滞ることなく引き継げるよう用意しておきましょう。
円満退職できた人は仕事の引き継ぎもきちんと行えていますので、引き継ぎは最後の仕事としてしっかりやり遂げてください。

職場の整理をして会社のものは返却

仕事の引き継ぎが終わりましたら職場にある自分の身の回りのものを整理します。
使っていたパソコンに社外秘のデータがある場合は、上司と相談してデータの取り扱いについて処理しましょう。
事務用品など会社に支給されたものは会社に返却します。
机やロッカーの鍵、名詞などは上司に直接手渡しておきましょう。

最後に会社でお世話になった人々への挨拶もしておきましょう。
社外のお世話になった人への挨拶は上司と相談して日程を決めます。
挨拶回りの時には心を込めてお礼を言いましょう。
結婚を祝福されましたら丁重にお礼を申し上げることを忘れないでください。

結婚退職はきちんとした対応をすれば会社の人達も心から結婚を祝福してくれますので、円満退職できるよう進めていただきたいと思います。