新卒入社なので退職することを言い出せないなら

新卒入社して6ヶ月以内に会社を退職することはリスクは大きいことは間違いありません.
再就職先を見つけることは簡単なことでありませんし、新卒採用ですぐ退職したとなれば職歴として認められませんから、新卒入社よりもさらに厳しい再就職探しを余儀なくされます。
面接ではなぜすぐに辞めてしまったのか、本当に働き続けることができるかなど、厳しく追及されるしょう。
新卒入社の就職活動以上に精神的にきつい事が続きますし、それに耐えられないようでは再就職先を見つけることは難しいでしょう。

早期退職の理由を聞かれるのが辛い

会社が人を雇うのでしたらすぐに辞めてしまう可能性がある人材を雇うはずはありません。
職場の環境に慣れることができないのではないか、どうせすぐに辞めてしまうのではと、ひとつの職場で働き続けることができないイメージを新卒の早期退職者に対して人事担当者は持ってしまうのは避けられません。
新卒で早期退職したのですから仕事の成果も何も出さないまま辞めてしまったということです。
再就職先が見つかったとしても本当に仕事ができるようになるりるい未来を描くことができないかもしれませんね。

新卒入社で早期退職してもやり直せる

日本では一度決まったレールを外れると元に戻るのが難しいと言われます。
確かに新卒入社は採用された会社に働き続けた方が出世や給料がアップする可能性は高いです。
しかし、第二新卒の就職活動の環境が整っていますし、リーマンショック以降は新卒で早期退職した人でもやり直せる可能性が高くなっています。
それでも新卒採用された会社よりは待遇や条件が下がってしまうことは避けられないでしょう。
多くの人が給料が下がったり残業時間が増やさないと給料が上がらないという経験をしています。
しかし、以前の職場よりも環境が向上にすれば、やりがいのある仕事を見つけられた人が多いのも事実です。
それに、第二新卒であれば未経験業種であっても挑戦するハードルが下がりますので、業種に縛られることなく就活で着るメリットもあるんですよ。

新卒だから退職すると言い出せないなら

新卒だから今の会社をすぐに退職することはまちがっていると考えるのは当然でしょう。
それでも自分の人生を今の会社に託せないと言うのであれば退職することを選択に入れることは間違ってはいません。
人生はまだまだ長いのですから、やり直しはいくらでもできます。
それは年齢が若ければ若いほどです。
会社を辞めたいけど退職することを言い出せない、それもなおさら新卒採用されたのだからと悩み続けていたら、まともに仕事を成果を出すことなどできません。
確かに会社辞めますということが最も高い壁になります。
しかし、この高い壁さえ越えれば会社を退職する方向に動き出すことができます。
会社を辞めると言うことは勇気をしぼり出さなければいけませんが、勇気を出して行動することができればあとは事が進んでいきます。
退職することを決めたのでしたらまず上司に相談を持ちかけましょう。
上司と相談する機会を持ってたら後は腹をくくって退職したいことを告げましょう。
理由を聞かれたらとにかく機械的に答えることです。
再就職が決まってなくても、すでに決まっていると言えば上司も諦めますし、後は事務的に退職までの手続きが必要となるだけです。

これからの人生のために

会社を辞めたいと思ってしまったら心身ともども疲弊していきます。
新卒採用してもらった会社に恩義があるかもしれませんが、自分の身を守るためでしたら会社を辞める罪悪感を感じる必要はありません。
仕事を辞めて新しい環境で心機一転すれば新たなスタートを切ることができるのですから。
辞める時の勇気は一瞬で済みますし、会社を辞めるということは当然の権利ですので、退職することを言い出せないと自分を責めることはしないでください。

会社を退職した経験が今後役立つことがありますので、自分にとって最善の行動をとってください。あなたの今後の人生を影ながら応援しています。