会社を辞めると言い出せない会社員がストレスなく退職する方法

11月 24, 2018

今すぐにでも会社を辞めてしまいたいのだけど、なかなか言えない会社員の方がたくさんいらっしゃるでしょう。
また、本人は今すぐにでも会社を辞めてしまいたけれど、家族に反対されていた場合はストレスとなりなおさら会社に「退職したい」と言えないのではないでしょうか。
職場や家族の問題、転職先がみつかっているかなど、会社を辞めたい人の状況は様々ですので「仕事を辞めたい」と言えない事情も人それぞれです。

会社を辞めたいと言い出せないのは世間体を気にしているから

働いていれば会社を辞めたいと思うことは何度でもあるかもしれません。
しかし会社を辞めるという決断は一時的に決めたことではなく真剣に悩んだ末の結論であることには間違いありません。
会社に仕事を辞めたいと言えるサラリーマンやOLの方が少ないでしょう。
会社を辞めると決断したのになぜやめますと言うことが言えないのでしょうか?
会社を辞めると言ったら上司に叱責されるのが怖い。
会社の同僚から嫌われてしまう。
自分が辞めることで今までしてきた仕事を放り投げることになるので会社に迷惑をかけてしまう。
会社を辞めたとしても転職先が見つかるのか不安でストレスがたまってしまった。
家族が反対すると思うと辞めることを言い出せない。
退職後の不安は給料のことが大きいと思いますが、会社を辞めることを言えない人は世間体を気にしている人が多いです。
会社を辞めることで周りにどう思われるかということが気になるあまり、会社を辞めることをますます言い出せない状況を自分で作り出してしまっているのです。それではストレスがたまるだけですし、事態は何一つ変えることが出来ません。

責任感が強いため会社を辞めると言い出せない

仕事を辞めると言い出せない職場の環境もあるでしょう。
仕事の責任感が強い人ほど会社の環境が人手不足だったり、年度末で忙しかったり、部下に対する責任を畑佐名ケレならないと考えたりすると、今働いている職場にがんじがらめになってしまい今すぐ辞めたいのだけど、とても言える状況じゃないと思い込んでしまいます。
そうなりますと、ずるずる退職する時期を遅らせてしまいます。
責任感が強いことは立派ですが、人手不足や職場の問題は会社の問題であって、一従業員である個人が何とかできる問題ではありません。
それに会社を辞めることは労働者の権利です。
その権利を行使するのですから、会社をいつ辞めたとしても何で責められることはありません。

会社を辞めることを会社に伝えるタイミング

会社を辞める決断をしましたら次に決めるべきことは退職することを会社に伝えるタイミングです。
退職する意思を伝えるのは直属の上司へ最初にします。
退職したい1~2ヶ月前に上司に相談を持ちかけるという形で退職の意思を伝えるのがベストです。
法律上は2週間前に退職を申し出れば認められるのですが、仕事の引き継ぎや円満退職のためにも、いきなり上司に退職願を出すとは今後の事を考えると良い選択とは入れません。
また有給の消化分もあるのでしたら余裕を持って上司に退職の相談を持ちかけるようにしてください。
会社によっては退職についての規定があることも多いですので、就業規則などで事前に確認を取るようにしてください。

会社を辞めることを言い出せないなら退職代行サービス

会社を辞めるにあたり用意周到に準備しても円満退職できない場合もあります。
ブロック企業はどうしや人事課もまともな話し合いにも応じてくれなかったりするケースもあるといいます。
優秀な人材ほど会社は退職を引き止めようとしますから、計画通りに退職できないくなってしまうかもしれません。
スムーズに会社を辞める手段として退職代行サービスを利用することも検討してはいかがでしょうか。
会社を辞めることを言い出せないなら退職代行サービス
退職代行サービスとは会社を辞めたい本人に代わって勤務先の会社に退職するために必要な連絡や手続きを代行してくれるサービスです。
退職代行サービスを依頼すれば退職の手続きのために会社に行く必要ありませんから、会社上司から高圧的に引き止められたり、同僚と気まずい思いをすることなく退職手続きができます。
会社が退職を承諾しましたら、退職サービスから連絡がありますので、会社の上司と顔を合わせることなく無事に会社を辞めることができます。
退職代行サービスを利用した退職までの進め方はとても簡単です。
依頼を受けた退職代行サービスが会社に交渉して退職の承諾を得ます。
会社の承諾後はご自身で退職届を作成して郵送するだけで大丈夫です。
退職届が受理されれば無事退職完了となります。
これで晴れて会社を辞めることができます。

退職後にすべきこと

責任感が強い人ほど面と向かって会社の上司に退職の意思を伝えることができないという方が多いでしょう。
今までたくさんのことを教えてくれた職場の先輩や同僚にきちんと挨拶することなく退職代行サービスを使って会社を辞めることは気が引けるという方も少なくないでしょう。
しかし、会社を辞めたいのに言い出せずに精神的にも追い詰められているのでしたら、体裁なんて気にしている場合ではありません。
もし退職代行サービスを利用することを気が引けるのでしたら、退職した後に会社でお世話になって方たちにお礼や挨拶すればいいのです。
退職後も良好な人間関係を保ちたいのであれば、その後のお付き合いも大切にしていただきたいと思います。

Posted by admin